RPGツクールフェスで、ゲームを作ろう♪

RPGツクールフェスについて、書きます。

【3】☆2 サウンド制御と、分岐制御について

 

 今回は、内容的に少ないサウンド制御分岐制御に関して、書いていきます。

 

 サウンド・・というと、マップ中を流れる音楽を、

 イベントに合わせて、変更したり・・元に戻したり。

 効果音ってものを活用して、物語を現実のものに近づけたり、

 イベントを盛り上げたりするのに、使われます。

 

 

 分岐って言うと・・「はい」「いいえ」の2択選択や

 くじ引き屋でくじをランダム選択で、決めたり・・

 

 それ以外にも、謎解きにはつき物の・・パスワードとか

 まぁいろいろ使いますね。

 

 

 

 では、細かくみていく事にしましょうか。

 

 

サウンド制御について 

 

 これは、2択しかないので内容的には・・短いです。

 

 *BGMを鳴らす ➡ BGM選択・ピッチの選択くらい。

 

 BGMを物語のどこででも、変えたい時には・・

 最初に、BGM・設定なしにして音楽を一旦止めてから・・

 切り替えないと・・かぶりますw

 

 あと、宿屋とかで【簡単作成】を使わないで作った時は、

 必ず、宿屋のマップで使用しているBGMに戻すのを忘れずに!

 

 あと、もうひとつ。

 

 BGMは、ループものなので・・

 止める事を組み込まないと・・延々そのマップ内、流れますw

 そこは、注意ですよ(^v^)b

 

 

 *効果音 ➡ 効果音・ピッチの選択のみ。

 

 使い方は、BGMとほぼ同じ感じでOKです。

 こっちは、BGMと違って・・音が鳴ったらそれで終わりな為・・

 止める設定はしないって事。

 

 それが違う所ですね。

 

 どちらも、ピッチ(流れる速さ)の変更が可能ですので、

 必要な音楽や必要な効果音を、このピッチ調節で探しましょう。

 

 あともうひとつ。

 DLコンテンツの中の・・BGMは、買う事が出来ます・・が、

 効果音は、売ってないので買えません。

 

 つまり、効果音は既存のもの以外、使えないです。

 まぁ、BGMをピッチ変更で加工し使ってもいいかも知れませんb

 視聴で聞いて、確認後使用した方が無難ですよ。

 

 なお、既存データの【ファンタジー】で、

 BGM*54曲 効果音*174コ入ってます。

 

 

 

 

    f:id:kui-tona:20170703073859j:plain

 

 

分岐制御について 

 

 分岐制御 ➡ スイッチオンorオフ・変数の設定・変数の増減・はいorいいえ・

        3択分岐・確率分岐・戦闘分岐・パスワード

 

 ここで、変数の設定や増減も行うし、

 よく使われる、はいorいいえの2択分岐や、先程も書いたくじとかの

 確率分岐に、バトルイベントにはセットになってる・・戦闘分岐など。

 

 では、それぞれをみていきましょう。

 

 

 

 

【 スイッチのON or OFF 】

 

 これは、あらゆる事柄を区切るのに役立つものって感覚。

 自動イベントを使ったら、必ずこのスイッチを設定して

 区切らないと・・自動イベントの部分が、永遠ループしますので

 必ず、1pに自動イベントをもってきたら・・そのイベントの最後ら辺で

 スイッチONを選択。

 2pで、条件にそのスイッチONの番号や名前のを入れ、

 イベント内容なし・・にして、そのイベントは終わりになります。

 

 OFFを使う事は、ほぼナイと思うけど・・

 罠とか、何か仕掛けもので使うくらいですね。

 

 ON or OFF ➡ どちらかに、レ点。

 個数 ➡ 1つ・一括 1つが、通常使用するタイプ。一括は仕掛け制御って感じ。

 番号 ➡ 使ってないものを選択していくべし! 

 スイッチの使用容量 ➡ 500まで

 スイッチ名 ➡ イベントの内容に合わせたものにしたり・・

         普通に番号にしてたり・・人によって様々です。

         自分が、見て・・すぐ何に使ったか?が分かるのが、ベストかと。

 

 スイッチ500じゃ、足りないよ・・って人は、変数を活用しましょうb

 

 

 

 

 

【 変数の設定 】

 

 変数っていうのは、スイッチには近いのですが・・

 これは、どんどん増える・減ると言ったイメージです。

 

 +(プラス) -(マイナス)って感じ。

 

 変数番号 ➡ 500コまで設定可能なとこは、スイッチと同じ。

 変数名 ➡ スイッチと同じように、わかりやすいのがイイと思います。

       ただ、画面上に表示する場合のものは・・テキトーにすると

       そのまま表示されるので、気を付けましょうww

 

 変数の値 ➡ 6ケタ・最大値9

 

 主に、簡単作成の宝箱に使用されています。

 

 

 

 

 

【 変数の増減 】

 

 変数名 ➡ 使ってるものの中から選択

 変更 ➡ 増やす・減らす

 増減値 ➡ 6ケタ・最大値9

 

 変数って、恋愛ゲームでいう所の・・

 見えない好感度とかに使われるものです。

 

 もしくは、リアルに持ってると思われる・・ポイントカードみたいなもの。

 

 それを、選択肢とか何か行動に移すと・・増減するって感じで、

 イベントに組み込むと、それだけでやり込み要素になりますね。

 

 

 

 

 

【 はい・いいえ 】2択分岐

 

 この、はい・いいえって部分は、消して・・自分で書く事が可能です。

 

 はい・いいえ ➡ 8文字内で修正可能b

「はい」を選んだ時に表示されたり、変動したりする命令を組み込み、

「いいえ」を選択した時のものを組み込んだりして、完成です。

 

【簡単作成】の宿屋が、この分岐を使ってます。

 

 

 

 

 

【 3択分岐 】

 

 1・2・3になってるので、ここも・・

 数字の部分は、8文字内で修正可能。

 

 なお・・・分岐ものは、最大6階層まで付けれます。

 まぁ、それ以上は付けれないので気づくと思いますけど。

 

 

 

 

 

【 確率分岐 】

 

 自分で設定した確率を元に、自動で分岐します。

 これも、分岐は6階層までです。

 設定方法は、ある意味2択みたいになってます。

 

 選択1が選ばれる確率 ➡ 変更・2ケタ・最大9 100%は無理って事。

 選択2が選ばれる確率も同じように設定して決定です。

 

 

 

 

 

【 戦闘分岐 】

 

 イベントで、なにかとバトル後に組み込むものです。

 

 分岐 ➡ 勝った場合・負けた場合

 

 普通なら、勝ったら・・物語が進み・・負けたらゲームオーバーになる。

 もしくは、その逆もありますが、そんな感じでどちらかだと、

 どうなるのか?ってところを、作っていくところです。

 

 

 

 

 

【 パスワード 】

 

 プレイヤーに、パスワードを入力させて・・

 その正解・不正解で分岐が起こるものって事。

 

 パスワードのヒントは、物語中で聞く話から想像出来たり、

 イベントアイテムとかで知ったり・・とか、そういうイベントも

 組み込むべきですが・・・

 

 文字タイプ ➡ 数字のみ・アルファベットのみ・両方の3タイプ。

 パスワード ➡ 8ケタ・最大値9 or A~Zまで

 

 パスワードを決めてから・・決定で、分岐が起こり・・

 入力成功の場合・入力失敗の場合の2択になって、

 それぞれ、イベントを組み込めます。

 

 

 

 これら分岐や音楽も物語を語る上では、必要なものですので・・

 しっかり、使えるようになりましょう。

 

 

 私も、最初は・・・「変数ってよく分からない」って思って

 ほぼ、使ってませんでしたww

 

 でも、今回・・

 変数が画面に表示出来るようになって、初めて意味が理解出来たくらいですww

 

 頭悪くてすみませんw

 

 

 

 好感度や名声やポイントカード・・みたいな発想で行けば、

 理解しやすいと感じました。

 

 とび森で言ったら・・

 最初の市長の支持率(期待値)みたいなの・・と、同じですね。

 

 

 

 好感度とかも、見せるかどうかの判断は個人の自由ですけど・・

 

 ポイントカードは、常に見せてなくても・・

 お店のイベント内で、ポイント使うか?の判断させる時とかに

 表示させたりしても、なんかリアルさが、出るよねb

 

 名声とか何か行動を起こす事で、ポイントが増えてくものは、

 見せた方がやりたいとかって思わせられると、思いますよb

 

 まぁ、このくらいでしょうか。