RPGツクールフェスで、ゲームを作ろう♪

RPGツクールフェスについて、書きます。

【3】☆2 イベント設定時のこまかい事・・で、メッセージ制御について

 

 ここからは、各命令の細かい部分を・・書いていきます。

 

 文章ばっかで、つまらないかもですが・・

 もし、制作中に困ったり、つまったり、あれ?って思ったら、

 

 参考程度に、ココを見てヒントを見つけてくださいねb

 

 

 

 各制御項目ごとに、様々な例に例えて書いていきますが・・

 これは、まぁホントたとえば・・な、話です。

 

 そのまま使っても、問題ないです。

 

 ものによっては、簡単作成と同じ内容が含まれるものも

 あると思うので、その時は・・【簡単】を付け

 簡単作成で作れる事を示唆しますね。

 

 

 余談も混じるかも知れませんw

 

 

 こまかいとこ、いきましょうか!

 

 

 

    f:id:kui-tona:20170628083218j:plain

 

 

メッセージ制御について 

 

 ココは、様々な文章を書く為の場所です。

 よく使うので、1番最初に置かれているようです。

 

 使える形式は、メッセージと、テロップです。

 

 ふたつの違いは・・・

 メッセージ ➡ 通常の会話や看板など

 テロップ ➡ 物語を語ったり、長めの説明をするなど

 

 では、中を細かく、見ていきましょうか。

 

 

 【メッセージ】

 

 キャラクターの顔グラフィックを付けれます。

 付けなくてもOK。看板は流石に・・ついてないですよね?w

 

 グラフィック ➡ キャラクターの表情を変えて、会話を楽しんだりする時に、

          付ける事が多いですが、付けなくてもOK。

 

 表示位置 ➡ このメッセージを画面のどこに表示するか?って事。

        なお、私は・・・会話下。看板上。アイテムGETです。

 

 この表示位置の活用で、私のように・・この時はコレ!と決めて使ってもイイし、

 もしくは、その時その時のキャラの配置などで、位置を変えてもいいのです。

 

 えんぴつマークの・・

 メッセージ ➡ 19文字 ✖ 3行です。

 

 私は、キャラの名前を1行目に書いて使う為、どうしても会話イベが

 長くなる傾向にありますww

 

 他のゲームのように、キャラ名を勝手に表示してくれたらなー・・って思う時もw

 

 

 昔は、キャラグラフィックを付けると通常より1行くらい減ったけど、

 フェスは、顔キャラ付けても減らないので、そこはご安心をb

 

 

 プレビューで、表示位置の確認も出来るので、

 ピッタリなとこに、配置して物語を盛り上げましょう♪

 

 

 キャラクターの会話と言うと・・・

 ストーリーイベントの会話部分を想像しやすいけど、

 

 そこら辺に居る、人や動物など・・それ以外にも

 看板や、調べた場所によって出るものなど、多岐にわたるので・・

 

 自分なりの法則というか、ルールみたいなのを作っておくと

 イイかも知れません。

 

 「それって、何?」って思いましたか?

 

 

 この場合のルールって言うのは、

 メッセージは、多岐に活用項目なので・・

 

 例えば、会話なら「」を付けるとか。

 心で思ってるような文章なら、()を付けるとか・・。

 

 看板とか、アイテムGETのお知らせは、そのまま・・とか。

 

 これは、私のルールですけど、

 

 

 他の方で、通常会話は・・何も付けない。

 看板などの説明は『』で表示してたり・・と

 

 人によりけりなところが、RPGツクール系の特徴のように思います。

 

 

 

 なので、自分がまず・・わかりやすい事。

 

 

 本来、分けなくてもたぶん、良いのですが・・・

 

 分けたいのです・・・自分はw

 

 

 ココは、好みでどうぞb

 

 

 

 メッセージ活用法*例

 

 * 街人の会話

 

 作成*イベント設定>イベント名・街の人1>グラフィック・おじさん(色・1)

 >向き・そのまま>移動・動かない>他設定・そのまま>開始・調べる

 >イベント内容・メッセージ>顔グラフィック・おじさん、笑顔>表示位置・

 内容・

 「やぁ、ようこそ・・ここは、〇〇の街だよ。ゆっくりしてってね」

 

 

 * ネコとの会話

 

 作成*イベント設定>イベント名・ネコ1>グラフィック・その他ネコ(色・1)

 >向き・そのまま>移動・ランダム>速さ・遅い>開始・調べる

 >イベント内容・メッセージ>顔グラフィック・なし>表示位置・

 >内容・

 「にゃー(なんか、おくれ・・)」

 

 もしくは、効果音のネコの声を入れてもb

 

 

 * お店

 作成*【簡単】イベント設定>イベント名・お店>グラフィック・おばさん(1)

 >向き・どこに立ってるかによる>移動・動かない>開始・カウンターがある場合は

 キャラだけ立てて、カウンターに会話イベを置く。

 >開始・調べる>イベント内容・メッセージ>顔グラフィック・おばさん(1・笑顔)

 >表示位置・>内容・「いらっしゃいませ!」

             お店 ➡ 商品選択 ➡ 決定

            「ありがとうございました~」

 

 

 * 宿屋

 作成*【簡単】イベント設定>イベント名・宿屋>グラフィック・おくさん(1)

 >カウンター内の場合は、キャラを置くだけ。カウンターに改めて設置する。

 なお、横から話かけれるような場合は、カウンターに設置したイベント内で、

 お客の方を向く、他のイベントの向きで、こっち向くように設定を組み込むと

 イイ感じですよb

 >イベント内容・メッセージ>グラフィック・おくさん(1)>表示位置・

 >内容・「いらっしゃいませ、宿屋へようこそ。一泊、60Gです。

      泊っていきますか?」

  2択分岐・「はい」「いいえ」➡「はい」

  「それでは、ごゆっくり・・」

  お金の増減・-60G

  フェードアウト(普通)

  BGM・設定なし(ここで、音消し)

  効果音・宿屋 (視聴して、タイム計っておく事・心の中でOKw)

  全回復(パーティ全員)

  状態変化・毒状態回復(パーティ全員)

  ウエイト・5,4秒(アニメなし)(フェードアウトしてるから、どっちでもw)

  フェードイン(普通)

 

 「またのお越しを、お待ちしています

  ありがとうございました」

 BGM・この宿屋のBGMに戻す。(忘れると、無音のままww)

 

 

 こんな感じ。

 

 これらを、うまく活用して設備を整えたり、

 主人公の冒険を彩ったりするのです。

 

 

 

 

   f:id:kui-tona:20170628093035j:plain

 

 

 【テロップ】

 

 冒頭のオープニングや、物語の核心を語る部分など

 使いようによって・・様々です。

 

 えんぴつマーク ➡ 文章を書きます。21文字 ✖ 3行

 マーク ➡ ページ数を増やします。最大20ページ

 消しゴムマーク ➡ ページを消します。間違えて消さないよう、

           気を付けましょう・・。

 

 表示設定 ➡ 下から上へスクロール(だいたいのゲームはコレ)

        中央フェードイン(昔のタイトル表示のように、全面に出る)

        フェードインの場合は、4秒で消えるので速度を調節して

        思った通りに表示されるようにしましょう。

 

 

 個人的には、下から上へのスクロール版しか使ってない気がしますw

 

 

 速度 ➡ 遅い~速いまで、5段階

 設定がスクロールなら、遅めがオススメです。

 設定がフェードインなら、速くてもイイかもしれません。

 

 【L】【R】でページの切り替えが可能です。

 プレビューで、どういった感じになってるか、確認しましょう!

 

 なお、テロップを流す際には・・

 BGMを変更したり、背景を見えなくしたり、別のスチルを表示したり・・

 

 好みの演出をしましょう♪

 

 

 そうする事で、壮大な感じにも出来ますし、

 面白さとかがアップしますよ!

 

 

 ページ数は、最大20pですが・・

 いっぱいになったら、またテロップを選択して書けば良いので

 長くても心配いりませんw

 

 むしろ心配すべきは、プレイヤーに

 「長い話になる」とか、ちょっと長いなって思う頃に

 一旦、休憩として、セーブさせたりすると

 イイかもしれません。

 

 山場的扱いのものとかは、じっくり見て欲しい部分ですし・・

 

 でも、長いと「めんどっ」って思うプレイヤーも居ますので

 ほどほどにしておく方が、無難です。

 

 

 特に、冒頭のオープニングがやたら壮大だと

 もう、やった感が出てしまい、それ以上に進まない事も

 あるようなので・・・要・注意w

 

 

 テロップは、ここぞっ!って時に使う方が、

 効果的な演出になりますので、

 

 ちょっと語らせたいって思ったら

 

 ご活用下さい。

 

 

 

☆ ま ☆ と ☆ め ☆

 

 メッセージは、自分なりのルール設定でまとまりよく。

         様々な事を説明する時に、使います。

 

 

 テロップは、ここぞっ!って時に効果的な演出方法として、

       使っていくのが、オススメです♪

 

 

 

 

 文字書ければ、使えるのできっと、大丈夫ですよ(^▽^)b・・何がw

 

 

 

 

 今回は、以上です。