RPGツクールフェスで、ゲームを作ろう♪

RPGツクールフェスについて、書きます。

【3】☆1 イベント設定時のおおまかな事。

 

 

 ここからは、最も重要な・・・イベント設定に関して

 書いていくのですが、最初はだいたいのおおまかな話で

 流れ的なものを、確認して下さいね。

 

 

 なお、私のやり方ですので・・

 やりにくいな・・って思うようなら、

 ご自分に合った方法で、作っていく方が良いですよb

 

 

 おおまかな事ではありますが(長くなりそうね・・)、

 

 ♠ イベントって何ぞや?

 ♥ 基本的な操作と命令の種類

 ☘ 簡単作成の使い方

 ♦ テストプレイの重要性①

 

 かな。

 

 長くなりそうなので、今回は、基本操作と命令の種類までにします。

 簡単作成と、テストプレイについては・・次回にします。

 

 

   f:id:kui-tona:20170626092226j:plain

 

 

『イベント』って、そもそも何? 

 

『イベント』という項目で、ひとくくりにしてますが・・

 どういったものが、イベントだと思っているのでしょうか?

 

 

 私は、最初の頃は・・街に居る人との会話とか

 買い物とか、その程度くらいって思ってましたw

 

 

 違いますww

 

 

 もちろん、街中での人との会話はイベントで、作ります。

 お店もそうですね。

 

 でも、それだけではもちろん・・・ないんですw

 

 

 まず、データベースやマップで作った素材を元に

 マップ同士を繋げたり・・、仕掛けや罠をつけたり・・

 宝箱の設置、ボスモンスターの出現イベント、

 物語を彩るストーリーイベント、などなど・・

 

 プレイヤーが体験する、全ての要素をイベントと称して

 ツクラーは、作っていくのです!

 

 

 なので、前フリ的なとこで書いたような気がしますが、

 作ろうって思ってる物語の、概要でもあらすじでもいいから

 最初に書いておかなければ・・作るのは、困難です。

 

 でもね、これを苦にもしないで、作れる人は存在しますww

 

 

 あれは、凄いなぁって思ってしまいますが、自分は出来ませんw

 

 

 

 

 なので、堅実的なとこへ行きますw

 

 私の場合は、エンディングまでの物語を書き、

 ある程度、作る予定のものを書いていき、

 まず、データベースの作成 ➡ マップの作成 ➡ イベント設定の順です。

 

 

 イベントも、いきなり本題には入りませんw

 

 物語をトレースして進む、トーリーイベント

 ボスモンスターなどの出現のあるモンスターイベント

 

 これらは、後回しにします(^▽^)b

 

 

 まず作るのが、マップ同士を繋げる場所移動イベントの設定。

 

 マップ間を移動出来るようにしておくのが、最初。

 マップ間って、ワールドマップと街とかダンジョンを繋げるだけでなく・・

 街と屋内、ダンジョンの他フロアと繋げたり、忘れがちになりそうだけど、

 屋内の2階部分のある建物構造な場合は、階段も繋げる必要があります。

 

 イベントでのみ繋げる部分は、あとで修正できる為、

 通常移動で通るところは、全部繋げます。

 

 

 その次は、街やダンジョン内でのお店関係のお店イベント

 お店のイベントは、簡単作成でも作れるけど、

 修正が面倒なので、私は最近は使ってないですw

 でも、通常のイベントからお店を作ってます。

 

 お店イベントに、最も必要なものは、何か??

 

 商品に決まってますww

 

 事前に、アイテムや武器、防具の設定はしておきましょうb

 

 

 

 この次は、物語を作ってくので・・

 ストーリーイベントなのですが・・メインストーリーだけでなく、

 サブ的なものや、人との会話とかも同時に作ります。

 

 物語に合わせて作っていくので、

 私は、なんども同じ場所に戻っては作って・・って繰り返しますw

 

 それで、一通り作って・・最後ら辺に、宝箱の設置をしますw

 

 

 けっこう、後回し過ぎですけどねw

 

 なお、この宝箱イベントだけは、簡単作成で作って、

 あとで、グラフィックだけ変更したりして、使ってます。

 

 

 

 

    f:id:kui-tona:20170626094628j:plain

 

 

基本的な操作と命令の種類について 

 

 まず、基本的な操作は・・

『イベント』ってところから入って、作りたい場所の選択をします。

 次に、イベントを置きたい場所をタッチします。

 

 すると・・イベント作成・簡単作成・初期位置3つ出てきます。

 この、イベント設定か簡単作成を押してイベントを作ります。

 

 【 簡単作成一覧 】

 

 場所移動・宝箱・お店・マップをつなぐ・

 階段・宿屋・セーブポイント扉・教会

 

 細かい部分で説明してくので、ここでは割愛します。

 

 

 ここでは、イベント作成を選び、

 イベント設定画面を開きます。

 

 画面左の四角い[1]は、ページ数を現しています。

 ページ数は、最大10ページまで。

 そして、命令は、各99項目までとなりますので、

 それ以上にしたかったら、別のイベントに引き継ぐ以外ないです。

 

 この数字は、目で見て判断できるので、気を付けましょうね。

 

 中央の上から、イベント名(0からスタート) ➡ 8文字

 グラフィック ➡ 人でも物でも、無くても。向き ➡ 上下左右

 イベント内容 ➡ ここでこのイベントの内容を組み込む場所。

 移動 ➡ 動かない・ランダム・横に往復・縦に往復・近寄る・逃げる

      初期設定は動かない。

 

 速さ ➡ 速い・やや速い・普通・やや遅い・遅い

      初期設定は、やや遅い。

 

 開始 ➡ 操作キャラがふれた時・イベントからふれた時・調べる・

      アイテム使用・自動実行 初期設定は、操作キャラがふれた時。

 

 表示 ➡ 通過判定・半透明・足踏み・向き固定

      初期設定は、通過判定と足踏みのみにチェックが入っている。

 

 これらを組み合わせて設定する。

 

 なお、2ページ以降では・・一番下の部分に、

 このページになる条件という設定が必要になる。

 

 【 条件一覧 】

 

 なし・スイッチがON・主人公が居る・主人公が居ない・

 アイテムを持っている・アイテムを持っていない・所持金額が指定以上

 所持金額が指定以下・レベルが指定以上・レベルが指定以下・

 タイマーが指定以上・タイマーが指定以下・タイマーが指定と同じ・

 変数が指定以上・変数が指定以下・変数が指定と同じ

 

 

 

 1のページをタッチする事で、ページの追加可能です。

 2ページ以上の時なら、ページの削除も可能です。

 

 

 さて、イベント内容ってとこから入り、決めていくのですが・・

 

 様々な命令って呼ばれるものを組み合わせて、作っていきます。

 

 でも、今回はおおまかな事の部分なので、

 内容だけ、書いておきます。

 

 

 【 命令一覧 】

 

 *メッセージ制御 ➡ メッセージ・テロップ

 *移動制御 ➡ 場所移動・主人公の移動or向きorジャンプ・

         このイベントの移動or向きor角度orジャンプ・

         他のイベントの移動or向きor角度orジャンプ・

         イベントの引き継ぎ

 

 *状態制御 ➡ 表示状態の変更・簡単アクション・感情表現・

         アイコンを頭上に表示

 

 *画面制御 ➡ 画面だけを移動or移動を戻す・フィードインorアウト・

         フラッシュ・シェイク・天気の変更・アニメーション表示・

         タイトルイラストの表示・変数を画面に表示or非表示

 

 *ステータス制御 ➡ お金の増減・アイテムの増減・武器の増減・防具の増減・

            HPorMPの増減・状態の変更・全回復・レベルアップ・

            特技を覚えるor忘れる・メンバーの入れ替え・

            名前を変える・職業を変える

 

 *サウンド制御 ➡ BGMを鳴らす・効果音を鳴らす

 *分岐制御 ➡ スイッチのオンorオフ・変数の設定・変数の増減・はいorいいえ・

         3択分岐・確率分岐・戦闘分岐・パスワード

 

 *行動制御 ➡ セーブの設定・エスケープの設定・テレポートの設定・

         エンカウントの設定・乗り物の出現or消去

 

 *時間制御 ➡ タイマーの設定・タイマーの変更・カウントスタート・

         タイマーストップ・ウエイト

 

 *画面機能 ➡ 戦闘・お店・セーブ画面・ゲームオーバー・

         エンディング・クリアメッセージ

 

 

 以上です。

 

 

 どこに、何があるか?ってとこを

 ひとまず、覚えましょう。

 

 

 細かい事は、のちのちなのですが・・

 

 分かりやすいように、書く予定です。

 

 ネット上での知り合いから、ゲーム作れて凄い・・と

 言われましたが・・・

 

 凄くないですw

 

 

 RPGツクール フェスというゲームソフトのおかげなのでw

 

 

 あなたも、あなたの思い描く世界を

 作りましょう♪

 

 

 

 ・・次回は、今回のつづきからです。