RPGツクールフェスで、ゲームを作ろう♪

RPGツクールフェスについて、書きます。

【3】☆2 イベント設定時のこまかい事・・で、〈1〉メッセージ制御について

 

 ここからは、各命令の細かい部分を・・書いていきます。

 

 文章ばっかで、つまらないかもですが・・

 もし、制作中に困ったり、つまったり、あれ?って思ったら、

 

 参考程度に、ココを見てヒントを見つけてくださいねb

 

 

 

 各制御項目ごとに、様々な例に例えて書いていきますが・・

 これは、まぁホントたとえば・・な、話です。

 

 そのまま使っても、問題ないです。

 

 ものによっては、簡単作成と同じ内容が含まれるものも

 あると思うので、その時は・・【簡単】を付け

 簡単作成で作れる事を示唆しますね。

 

 

 余談も混じるかも知れませんw

 

 

 こまかいとこ、いきましょうか!

 

 

 

    f:id:kui-tona:20170628083218j:plain

 

 

メッセージ制御について 

 

 ココは、様々な文章を書く為の場所です。

 よく使うので、1番最初に置かれているようです。

 

 使える形式は、メッセージと、テロップです。

 

 ふたつの違いは・・・

 メッセージ ➡ 通常の会話や看板など

 テロップ ➡ 物語を語ったり、長めの説明をするなど

 

 では、中を細かく、見ていきましょうか。

 

 

 【メッセージ】

 

 キャラクターの顔グラフィックを付けれます。

 付けなくてもOK。看板は流石に・・ついてないですよね?w

 

 グラフィック ➡ キャラクターの表情を変えて、会話を楽しんだりする時に、

          付ける事が多いですが、付けなくてもOK。

 

 表示位置 ➡ このメッセージを画面のどこに表示するか?って事。

        なお、私は・・・会話下。看板上。アイテムGETです。

 

 この表示位置の活用で、私のように・・この時はコレ!と決めて使ってもイイし、

 もしくは、その時その時のキャラの配置などで、位置を変えてもいいのです。

 

 えんぴつマークの・・

 メッセージ ➡ 19文字 ✖ 3行です。

 

 私は、キャラの名前を1行目に書いて使う為、どうしても会話イベが

 長くなる傾向にありますww

 

 他のゲームのように、キャラ名を勝手に表示してくれたらなー・・って思う時もw

 

 

 昔は、キャラグラフィックを付けると通常より1行くらい減ったけど、

 フェスは、顔キャラ付けても減らないので、そこはご安心をb

 

 

 プレビューで、表示位置の確認も出来るので、

 ピッタリなとこに、配置して物語を盛り上げましょう♪

 

 

 キャラクターの会話と言うと・・・

 ストーリーイベントの会話部分を想像しやすいけど、

 

 そこら辺に居る、人や動物など・・それ以外にも

 看板や、調べた場所によって出るものなど、多岐にわたるので・・

 

 自分なりの法則というか、ルールみたいなのを作っておくと

 イイかも知れません。

 

 「それって、何?」って思いましたか?

 

 

 この場合のルールって言うのは、

 メッセージは、多岐に活用項目なので・・

 

 例えば、会話なら「」を付けるとか。

 心で思ってるような文章なら、()を付けるとか・・。

 

 看板とか、アイテムGETのお知らせは、そのまま・・とか。

 

 これは、私のルールですけど、

 

 

 他の方で、通常会話は・・何も付けない。

 看板などの説明は『』で表示してたり・・と

 

 人によりけりなところが、RPGツクール系の特徴のように思います。

 

 

 

 なので、自分がまず・・わかりやすい事。

 

 

 本来、分けなくてもたぶん、良いのですが・・・

 

 分けたいのです・・・自分はw

 

 

 ココは、好みでどうぞb

 

 

 

 メッセージ活用法*例

 

 * 街人の会話

 

 作成*イベント設定>イベント名・街の人1>グラフィック・おじさん(色・1)

 >向き・そのまま>移動・動かない>他設定・そのまま>開始・調べる

 >イベント内容・メッセージ>顔グラフィック・おじさん、笑顔>表示位置・

 内容・

 「やぁ、ようこそ・・ここは、〇〇の街だよ。ゆっくりしてってね」

 

 

 * ネコとの会話

 

 作成*イベント設定>イベント名・ネコ1>グラフィック・その他ネコ(色・1)

 >向き・そのまま>移動・ランダム>速さ・遅い>開始・調べる

 >イベント内容・メッセージ>顔グラフィック・なし>表示位置・

 >内容・

 「にゃー(なんか、おくれ・・)」

 

 もしくは、効果音のネコの声を入れてもb

 

 

 * お店

 作成*【簡単】イベント設定>イベント名・お店>グラフィック・おばさん(1)

 >向き・どこに立ってるかによる>移動・動かない>開始・カウンターがある場合は

 キャラだけ立てて、カウンターに会話イベを置く。

 >開始・調べる>イベント内容・メッセージ>顔グラフィック・おばさん(1・笑顔)

 >表示位置・>内容・「いらっしゃいませ!」

             お店 ➡ 商品選択 ➡ 決定

            「ありがとうございました~」

 

 

 * 宿屋

 作成*【簡単】イベント設定>イベント名・宿屋>グラフィック・おくさん(1)

 >カウンター内の場合は、キャラを置くだけ。カウンターに改めて設置する。

 なお、横から話かけれるような場合は、カウンターに設置したイベント内で、

 お客の方を向く、他のイベントの向きで、こっち向くように設定を組み込むと

 イイ感じですよb

 >イベント内容・メッセージ>グラフィック・おくさん(1)>表示位置・

 >内容・「いらっしゃいませ、宿屋へようこそ。一泊、60Gです。

      泊っていきますか?」

  2択分岐・「はい」「いいえ」➡「はい」

  「それでは、ごゆっくり・・」

  お金の増減・-60G

  フェードアウト(普通)

  BGM・設定なし(ここで、音消し)

  効果音・宿屋 (視聴して、タイム計っておく事・心の中でOKw)

  全回復(パーティ全員)

  状態変化・毒状態回復(パーティ全員)

  ウエイト・5,4秒(アニメなし)(フェードアウトしてるから、どっちでもw)

  フェードイン(普通)

 

 「またのお越しを、お待ちしています

  ありがとうございました」

 BGM・この宿屋のBGMに戻す。(忘れると、無音のままww)

 

 

 こんな感じ。

 

 これらを、うまく活用して設備を整えたり、

 主人公の冒険を彩ったりするのです。

 

 

 

 

   f:id:kui-tona:20170628093035j:plain

 

 

 【テロップ】

 

 冒頭のオープニングや、物語の核心を語る部分など

 使いようによって・・様々です。

 

 えんぴつマーク ➡ 文章を書きます。21文字 ✖ 3行

 マーク ➡ ページ数を増やします。最大20ページ

 消しゴムマーク ➡ ページを消します。間違えて消さないよう、

           気を付けましょう・・。

 

 表示設定 ➡ 下から上へスクロール(だいたいのゲームはコレ)

        中央フェードイン(昔のタイトル表示のように、全面に出る)

        フェードインの場合は、4秒で消えるので速度を調節して

        思った通りに表示されるようにしましょう。

 

 

 個人的には、下から上へのスクロール版しか使ってない気がしますw

 

 

 速度 ➡ 遅い~速いまで、5段階

 設定がスクロールなら、遅めがオススメです。

 設定がフェードインなら、速くてもイイかもしれません。

 

 【L】【R】でページの切り替えが可能です。

 プレビューで、どういった感じになってるか、確認しましょう!

 

 なお、テロップを流す際には・・

 BGMを変更したり、背景を見えなくしたり、別のスチルを表示したり・・

 

 好みの演出をしましょう♪

 

 

 そうする事で、壮大な感じにも出来ますし、

 面白さとかがアップしますよ!

 

 

 ページ数は、最大20pですが・・

 いっぱいになったら、またテロップを選択して書けば良いので

 長くても心配いりませんw

 

 むしろ心配すべきは、プレイヤーに

 「長い話になる」とか、ちょっと長いなって思う頃に

 一旦、休憩として、セーブさせたりすると

 イイかもしれません。

 

 山場的扱いのものとかは、じっくり見て欲しい部分ですし・・

 

 でも、長いと「めんどっ」って思うプレイヤーも居ますので

 ほどほどにしておく方が、無難です。

 

 

 特に、冒頭のオープニングがやたら壮大だと

 もう、やった感が出てしまい、それ以上に進まない事も

 あるようなので・・・要・注意w

 

 

 テロップは、ここぞっ!って時に使う方が、

 効果的な演出になりますので、

 

 ちょっと語らせたいって思ったら

 

 ご活用下さい。

 

 

 

☆ ま ☆ と ☆ め ☆

 

 メッセージは、自分なりのルール設定でまとまりよく。

         様々な事を説明する時に、使います。

 

 

 テロップは、ここぞっ!って時に効果的な演出方法として、

       使っていくのが、オススメです♪

 

 

 

 

 文字書ければ、使えるのできっと、大丈夫ですよ(^▽^)b・・何がw

 

 

 

 

 今回は、以上です。

 

 

【3】☆1 前回のつづき

 

 前回は、どういった命令があるか・・

 まぁざあっと見ましたね。

 

 

 今回は、簡単作成と、テストプレイの重要性について

 書いていきますよ。

 

 

 

 

   f:id:kui-tona:20170627094216j:plain

 

 

 

簡単作成について 

 簡単にイベント設置が出来るってものなんですよ。

 

 慣れないうちは、これを活用して覚えましょうb

 

 何を覚えるか?って言えば、その仕組みっていうか、

 イベント内容の構成を覚えてしまえば、

 

 通常のイベントから、それらを活用しリメイクして

 オリジナルイベントも、簡単に作れるようになります。

 

 

 最初は、わけわからなくても・・・

 簡単作成の内容を知れば、

 

 「ああ! こうなってたんだ・・」って気づく事で、

 

 ココ、替えたいとか出てくるので変えてみたり・・

 ココ、もう少しこうしたい・・とか思って、付け加えたり。

 

 

 そういう事がすんなり出来るようになる為の足掛かりに

 『簡単作成』はある・・って、今は思います。

 

 

 

 

 簡単作成のおおまかな事を書いていきますね。

 

 *場所移動 ➡ 一方通行で、その場所から別の場所に飛ぶ為のイベント。

 *宝箱 ➡ 宝箱のグラフィックと共に、中に入ってるものを決めるだけで、

       設置完了なイベント。

 

 *お店 ➡ お店の主人の性別決めて、商品を並べるだけで新装開店出来る。

 *マップをつなぐ ➡ これは、場所移動のような一方通行ではなく・・

            相互間を繋げる作業がサクッと出来るイベント。

 

 *階段 ➡ 主にダンジョン内で使う事が多いのですが・・

       上の階や下の階に行く為の階段のグラフィックと、

       場所移動のセットで、場所を指定するだけで出来る。

 

 *宿屋 ➡ お店と同様で・・店の主人の性別を選んで、金額の設定だけで

       宿屋完成なイベント。

 

 *セーブポイント ➡ 何かでセーブ不可の状況の中でセーブポイント

            設置する為のイベント。なお、セーブ不可にしてない時に

            作る事も可能ではあるが・・使わない・・と思うw

 

 *扉 ➡ 扉のグラフィックを4つの中から選んで、変数設定で開けるタイプの

      ドアを作る時のイベント。何かの理由でそれまで開かなかったドアが、

      変数によって開くようになる・・みたいな使い方。

 

 *教会 ➡ これは・・ドラクエに登場する教会と一緒で、まず店同様に

       人を選んで、祈りで生き返らせる為の金額設定するだけで、

       設置出来る設備。なお、状態異常の毒回復は、含まれないので

       付けたい人は、組み込もう!

 

 

 

 です。

 

 

 教会は、自分はほぼ使った事が無いって今、気づきました(T▽T)わはは

 

 

 いつも、アイテムで回復してたり魔法使ってましたね。

 

 

 

 

 

 

   f:id:kui-tona:20170627100602j:plain

 

 

 

テストプレイの重要性① 

 

 ここからは、前フリ扱いではあるけど・・

 テストプレイについて、少し語りたいと思う。

 

 

 まだ、ゲームを作り始めて間もない頃は、面倒に思ってたものですww

 

 でも、イベントを作ったら都度テストプレイをするべきなのに、

 面倒だからと、まとめてやっては大変な目にあいましたね・・ははは・・・

 

 

 

 1つの区切りでいいので、テストプレイはその都度確認して

 なんか変って思った部分は、直しましょう。

 

 そうする事で、あなたの物語は完成度が高まります。

 

 

 

 例えば、1つのメインストーリーのイベントを

 ひと区切り作ったら、確認しましょう。

 

 イベントは、内容の上から順に下の内容に移ってくものです。

 

 ただ、その間隔をあける命令を組み込んでないと・・

 かなりの速さで終わりますwww

 

 そういうのを見つけたら、いや・・もう少しゆっくりがいいとかなら、

 『ウエイト』ってものを組み込みましょう。

 

 これが、間隔をあけてくれるので、思ってる通りのイメージで

 イベントを進める事が出来ますよ。

 

 だから、こういうのを確認する為にも・・・

 

 テストプレイは、大事って事!!

 

 

 

 「あとでまとめてやればいいやー」みたいな・・・

 

 どこぞの子供が、勉強や明日の支度を後回しにする言い訳みたいな事言って

 実際、そうしたら・・どうなるか??

 

 

 

 ・・例外として、全てのイベントを細かく設定しそれを

 ノートなどに記載しているようなら、別かも知れませんが・・

 こういう事言う人に限って、それは無いので、

 

 

 もし、メインストーリーでの修正が必要だった場合・・

 

 後半にも関係する内容なら・・

 

 

 修正が困難になるのは、目に見えてますよね・・。

 

 

 

 

 だから、細かいとこでもしっかり見て確認修正必要って事なのです。

 

 

 

 こんな状況になったら、もっとめんどうな事になりかねません(;--)

 

 

 

 都度確認と修正をしていれば、そこの部分だけで済むので

 実質、簡単に終わり・・次へいけます。

 

 

 イベント設定の具体的な事を書くころに、もう一度

 テストプレイの重要性について語ると思われますww

 

 

 メインイベントは、物語の顔になる部分ですので

 しっかり作らないと、微妙・・な、印象を与えかねませんw

 

 楽しんでもらいたいと思って、私は作っていますが、

 そういったものを感覚的に思うには、やはり・・

 イベントが全てな気がします。

 

 

 なので、どこをどのように、プレイヤーに見せる(魅せる)かは、

 

 あなた次第ですb

 

 

 という事で、今回はここまで。

 

 

 

【3】☆1 イベント設定時のおおまかな事。

 

 

 ここからは、最も重要な・・・イベント設定に関して

 書いていくのですが、最初はだいたいのおおまかな話で

 流れ的なものを、確認して下さいね。

 

 

 なお、私のやり方ですので・・

 やりにくいな・・って思うようなら、

 ご自分に合った方法で、作っていく方が良いですよb

 

 

 おおまかな事ではありますが(長くなりそうね・・)、

 

 ♠ イベントって何ぞや?

 ♥ 基本的な操作と命令の種類

 ☘ 簡単作成の使い方

 ♦ テストプレイの重要性①

 

 かな。

 

 長くなりそうなので、今回は、基本操作と命令の種類までにします。

 簡単作成と、テストプレイについては・・次回にします。

 

 

   f:id:kui-tona:20170626092226j:plain

 

 

『イベント』って、そもそも何? 

 

『イベント』という項目で、ひとくくりにしてますが・・

 どういったものが、イベントだと思っているのでしょうか?

 

 

 私は、最初の頃は・・街に居る人との会話とか

 買い物とか、その程度くらいって思ってましたw

 

 

 違いますww

 

 

 もちろん、街中での人との会話はイベントで、作ります。

 お店もそうですね。

 

 でも、それだけではもちろん・・・ないんですw

 

 

 まず、データベースやマップで作った素材を元に

 マップ同士を繋げたり・・、仕掛けや罠をつけたり・・

 宝箱の設置、ボスモンスターの出現イベント、

 物語を彩るストーリーイベント、などなど・・

 

 プレイヤーが体験する、全ての要素をイベントと称して

 ツクラーは、作っていくのです!

 

 

 なので、前フリ的なとこで書いたような気がしますが、

 作ろうって思ってる物語の、概要でもあらすじでもいいから

 最初に書いておかなければ・・作るのは、困難です。

 

 でもね、これを苦にもしないで、作れる人は存在しますww

 

 

 あれは、凄いなぁって思ってしまいますが、自分は出来ませんw

 

 

 

 

 なので、堅実的なとこへ行きますw

 

 私の場合は、エンディングまでの物語を書き、

 ある程度、作る予定のものを書いていき、

 まず、データベースの作成 ➡ マップの作成 ➡ イベント設定の順です。

 

 

 イベントも、いきなり本題には入りませんw

 

 物語をトレースして進む、トーリーイベント

 ボスモンスターなどの出現のあるモンスターイベント

 

 これらは、後回しにします(^▽^)b

 

 

 まず作るのが、マップ同士を繋げる場所移動イベントの設定。

 

 マップ間を移動出来るようにしておくのが、最初。

 マップ間って、ワールドマップと街とかダンジョンを繋げるだけでなく・・

 街と屋内、ダンジョンの他フロアと繋げたり、忘れがちになりそうだけど、

 屋内の2階部分のある建物構造な場合は、階段も繋げる必要があります。

 

 イベントでのみ繋げる部分は、あとで修正できる為、

 通常移動で通るところは、全部繋げます。

 

 

 その次は、街やダンジョン内でのお店関係のお店イベント

 お店のイベントは、簡単作成でも作れるけど、

 修正が面倒なので、私は最近は使ってないですw

 でも、通常のイベントからお店を作ってます。

 

 お店イベントに、最も必要なものは、何か??

 

 商品に決まってますww

 

 事前に、アイテムや武器、防具の設定はしておきましょうb

 

 

 

 この次は、物語を作ってくので・・

 ストーリーイベントなのですが・・メインストーリーだけでなく、

 サブ的なものや、人との会話とかも同時に作ります。

 

 物語に合わせて作っていくので、

 私は、なんども同じ場所に戻っては作って・・って繰り返しますw

 

 それで、一通り作って・・最後ら辺に、宝箱の設置をしますw

 

 

 けっこう、後回し過ぎですけどねw

 

 なお、この宝箱イベントだけは、簡単作成で作って、

 あとで、グラフィックだけ変更したりして、使ってます。

 

 

 

 

    f:id:kui-tona:20170626094628j:plain

 

 

基本的な操作と命令の種類について 

 

 まず、基本的な操作は・・

『イベント』ってところから入って、作りたい場所の選択をします。

 次に、イベントを置きたい場所をタッチします。

 

 すると・・イベント作成・簡単作成・初期位置3つ出てきます。

 この、イベント設定か簡単作成を押してイベントを作ります。

 

 【 簡単作成一覧 】

 

 場所移動・宝箱・お店・マップをつなぐ・

 階段・宿屋・セーブポイント扉・教会

 

 細かい部分で説明してくので、ここでは割愛します。

 

 

 ここでは、イベント作成を選び、

 イベント設定画面を開きます。

 

 画面左の四角い[1]は、ページ数を現しています。

 ページ数は、最大10ページまで。

 そして、命令は、各99項目までとなりますので、

 それ以上にしたかったら、別のイベントに引き継ぐ以外ないです。

 

 この数字は、目で見て判断できるので、気を付けましょうね。

 

 中央の上から、イベント名(0からスタート) ➡ 8文字

 グラフィック ➡ 人でも物でも、無くても。向き ➡ 上下左右

 イベント内容 ➡ ここでこのイベントの内容を組み込む場所。

 移動 ➡ 動かない・ランダム・横に往復・縦に往復・近寄る・逃げる

      初期設定は動かない。

 

 速さ ➡ 速い・やや速い・普通・やや遅い・遅い

      初期設定は、やや遅い。

 

 開始 ➡ 操作キャラがふれた時・イベントからふれた時・調べる・

      アイテム使用・自動実行 初期設定は、操作キャラがふれた時。

 

 表示 ➡ 通過判定・半透明・足踏み・向き固定

      初期設定は、通過判定と足踏みのみにチェックが入っている。

 

 これらを組み合わせて設定する。

 

 なお、2ページ以降では・・一番下の部分に、

 このページになる条件という設定が必要になる。

 

 【 条件一覧 】

 

 なし・スイッチがON・主人公が居る・主人公が居ない・

 アイテムを持っている・アイテムを持っていない・所持金額が指定以上

 所持金額が指定以下・レベルが指定以上・レベルが指定以下・

 タイマーが指定以上・タイマーが指定以下・タイマーが指定と同じ・

 変数が指定以上・変数が指定以下・変数が指定と同じ

 

 

 

 1のページをタッチする事で、ページの追加可能です。

 2ページ以上の時なら、ページの削除も可能です。

 

 

 さて、イベント内容ってとこから入り、決めていくのですが・・

 

 様々な命令って呼ばれるものを組み合わせて、作っていきます。

 

 でも、今回はおおまかな事の部分なので、

 内容だけ、書いておきます。

 

 

 【 命令一覧 】

 

 *メッセージ制御 ➡ メッセージ・テロップ

 *移動制御 ➡ 場所移動・主人公の移動or向きorジャンプ・

         このイベントの移動or向きor角度orジャンプ・

         他のイベントの移動or向きor角度orジャンプ・

         イベントの引き継ぎ

 

 *状態制御 ➡ 表示状態の変更・簡単アクション・感情表現・

         アイコンを頭上に表示

 

 *画面制御 ➡ 画面だけを移動or移動を戻す・フィードインorアウト・

         フラッシュ・シェイク・天気の変更・アニメーション表示・

         タイトルイラストの表示・変数を画面に表示or非表示

 

 *ステータス制御 ➡ お金の増減・アイテムの増減・武器の増減・防具の増減・

            HPorMPの増減・状態の変更・全回復・レベルアップ・

            特技を覚えるor忘れる・メンバーの入れ替え・

            名前を変える・職業を変える

 

 *サウンド制御 ➡ BGMを鳴らす・効果音を鳴らす

 *分岐制御 ➡ スイッチのオンorオフ・変数の設定・変数の増減・はいorいいえ・

         3択分岐・確率分岐・戦闘分岐・パスワード

 

 *行動制御 ➡ セーブの設定・エスケープの設定・テレポートの設定・

         エンカウントの設定・乗り物の出現or消去

 

 *時間制御 ➡ タイマーの設定・タイマーの変更・カウントスタート・

         タイマーストップ・ウエイト

 

 *画面機能 ➡ 戦闘・お店・セーブ画面・ゲームオーバー・

         エンディング・クリアメッセージ

 

 

 以上です。

 

 

 どこに、何があるか?ってとこを

 ひとまず、覚えましょう。

 

 

 細かい事は、のちのちなのですが・・

 

 分かりやすいように、書く予定です。

 

 ネット上での知り合いから、ゲーム作れて凄い・・と

 言われましたが・・・

 

 凄くないですw

 

 

 RPGツクール フェスというゲームソフトのおかげなのでw

 

 

 あなたも、あなたの思い描く世界を

 作りましょう♪

 

 

 

 ・・次回は、今回のつづきからです。

 

 

【2】★7 マップ作成と当たり判定について

 

 今回は、最も大事な場所とも言える・・

 マップと呼ばれる部分の作成に関して、書いていきます。

 

 なお、今回のソフトは・・

 大陸となる、フィールド(ワールド)マップ

 街や村や城などの通常マップに、ダンジョンや室内も

 

 全て総称して、マップになります。

 

 

 作れるマップ数は、99までですので・・

 

 作りたいものが、すでに決まってる方は・・

 その数を数えて・・99以上ならどこを縮小・まとめるかを

 考えて修正し、作り始める事をお勧めします。

 

 

 って事で・・・

 

 

マップ作成について 

 

 これは、データベースではなく・・

『 マップ 』という所があるので、そこから入ります。

 

 

 テストとして、マップ作成されてますが・・

 

 これは、削除しましょう。

 【B】ボタンを押して、削除します。

 

 

 1つ作ろうとして、押すといろいろ出ますが、

 よく見ると・・右の方に『あと99』となってますが、

 

 ワールドマップも、街もダンジョンもまとめて、

 この数な所に注意しましょうね。

 

 

 【 ワールドマップ 】について

 

 まず、マップ面積を選択します。

 サンプルもありますので、好みのマップがあれば、

 そちらを使ってもOKです。

 

 このサイズは、どこも共通してます。

 

 小*32×32  中*64×64  大*128×128

 

 

 サイズ選択後、作り始めます。

 なお、マップの端は・・止まらず、反対側に続きますw

 

 サイズを選ぶと次に、

 

 *マップ名 ➡ 8文字

 *BGM ➡ この場所を歩いてる時に流れる音楽を決めましょう。

 

 続いて、マップ作成です。

 

 

 そうそう・・最初作る時は、人型のイベントが付いてて

 見にくいかもしれませんが、これは何かというと・・

 

 主人公のスタート地点であり、ここから物語が始まる・・んですけど

 これは、あとで変更可能なので、ほっときましょうw

 

 

 十字キーで操作の場合は、

 点線の四角とえんぴつマークで表示されてるものが・・動きます。

 

 タッチペンであれば、今は海マークしかないので変わりませんけど、

 タッチ操作で作ってく事も可能です。

 

 

 で、まず何をするか・・大地から作る人、外の稜線から作ってく人

 だいたいの感覚で、街とか置いてからあとで周りを作ってく人・・と

 いろいろ居ます。

 

 私は、外側の稜線から書いていきます。

 ちなみに、私はどうしても十字キーで作ってしまいます。

 

 だいぶ、タッチペン操作にも慣れ始めてますが、

 まだまだww

 

 

 【X】ボタンを押してください。

 

 そうすると・・・

 素材が出てきます。

 

 ここにも、カテゴリがありますので、

 他の素材をDLしてる場合のみ、選ぶ事が可能です。

 

 最初のカーソルが海(もしくは川・湖・池)を作る為の素材ですが、

 ➡に行くと、草原・砂地(海岸)・砂漠・雪原・氷平原・荒れ地・石畳・

 天空化・岩場・舗装された道・濃い海・マグマ・毒沼・岩礁・氷山(小)

 

 でしょうか。

 すみません・・イメージですw

 

 これら地面となるものや、海やちょっとした段差、海に置くオブジェなど

 活用して、あなたの物語で、主人公達が旅する場所を作ります。

 

 

 

 なお、四角っぽいアイコンは、大地ですが・・・

 隣の木のアイコンは、開いてもらうと分かるのですが・・

 

 街・村・山・木・洞窟入り口・城・砦・橋・遺跡・塔など

 マップ上の各場所に入る為の目印的な建物や

 装飾の為の山や木があります。

 

 イメージに合うものを置くのが良いのですが・・

 実はコレ・・・

 

 のちのイベント設定時に、

 イベントにグラフィックを付けれるのを利用して、

 他のものを使う事が出来ますので、

 それを活用する方は、今のとこは目印を置いておくくらいにしても

 いいかも知れませんね。

 

 ただ、今置いておきたいって方は、

 【B】ボタンを押してください。

 

 いろいろある中の下の方に・・・イベント編集ってとこがあるので、

 そこを押してから、イベント設置が出来ますので、ご活用下さいね。

 

 

 エンカウントテストプレイも出来ますが、

 主人公を最低ひとり、

 モンスターのエンカウントチップを最低ひとつ設定して

 配置してからでないと、何もできませんw

 

 主人公が設定されてる状態であれば・・

 テストプレイは可能ですよ。

 

 

 ちなみに、ワールドマップでは当たり判定は設定不可です。

 なぜなら、すでに各素材ごとに設定されてる為です。

 

 

 

    f:id:kui-tona:20170625122504j:plain

 

 

 

  次は、最も多くなりそうな部分へ行きます。

 

 【 エリアマップ 】について

 

 上から順に、街・ダンジョン・屋内3タイプに分かれてます。

 

 *街 ➡ 城や家など外観部分の事。

      サンプルが多数用意されているので、活用しましょう。

 

 私は主に、サンプルからリメイクして使う事が多いです。

 この時に、例え・・サンプルマップのみ使ったとしても・・

 必ず!当たり判定は、確認をb

 

 変なとこ入れるようになってたり・・

 おかしな部分が必ず出てたりするので、

 しっかり確認&修正しましょう(☆へ☆)キラーン

 

 

 *ダンジョン ➡ 外観というより、もう内部の構造を決める部分です。

 

 これも、サンプルが多数用意されてるので、組み合わせるなり・・

 別素材でリメイクしたりして、使いましょう。

 

 まぁ、1から作ったって、それはあなたの自由なので問題ないです。

 

 こちらも、当たり判定は一度見ておくのが無難です。

 通りたいとこ、通れなかったら意味ないもんねw

 

 

 

 *屋内 ➡ 街の外観から、中に入る時に繋げる部分という事。

 

 これも、多数サンプルがあるので、活用すると楽出来ますww

 

 

 

 ワールドマップのとこでも書きましたが、

 それぞれのマップには、

 そのマップ名とBGMの設定をする場所がありますので、

 作るちょっと前に、決めておくとイイですよ。

 

 ワールドマップと同じように、

 サイズを選んで、最初から作る事も可能です。

 

 そこはあなたの作りたい舞台によって、変わってきますので

 一概には言えませんね。

 

 

 部屋の中でも、当たり判定は見ておかないと

 ベッド部分とか、コンロ部分とか

 1マスで構成されてないものは、当たり判定具合が

 おかしい時がありますので、

 都度修正は、必要に思います。

 

 プレイしてて、変に見えてたら・・

 面白さも半減しそうですからね。

 

 

 ワールドマップをいくつも作ったって良いし

 部屋しかなくたって良いし、

 

 ダンジョンオンリーでも良いんだし。

 

 あなたの物語は、どんな世界なのでしょうね?

 

 普通と違ってたって良いんです。

 

 

 あなたの感性をおおいに揮ってくださいね!

 

 今回は、以上です。

 

 簡単に書き過ぎたような気もしますが・・。

 

 

 

 

 

 当たり判定は、主人公が通れるか・通れないかの

 各マスに対するもので、通れても、物の上を通るか、下を通るか?

 通れない部分は、✖が付きますし、

 それらを利用した、道を作ってみるのも楽しいですよb

 

 

 では、これにて。

 

【2】★7 タイトルとゲーム情報について

   f:id:kui-tona:20170624071408j:plain

 

 

 

 今回は、ゲームのとも言うべき画面の設定と、

 

 そこに行きつく前の初期アプローチ的なゲーム情報について

 

 書いていきます。

 

 

 

 どんな短編の物語や例え物語でなくても、

 それが、どんなものかを表すのに使うのが・・・

 タイトル(表紙)です。

 

 

 まず初めに、タイトルについてみていきましょうか。

 

 

タイトルについて 

 

 こちらも、データベースから・・

 画面右下にある『タイトル』を選びます。

 

 まず表示されてるのが、オープニングと書かれている画面です。

 

 *タイトル名 ➡ 12文字

 *文字色 ➡ 白・黒 初期設定は、白。背景に応じて変更しましょう。

 *ラベル ➡ なし・シンプル白・シンプル黒・飾り白・飾り黒・ダイヤ・紙

        初期設定は、なし。物語のイメージに合うように使ってみるのも。

 

 *サブタイトル ➡ 12文字 サブは、有っても無くてもOK。

 *サブの文字色 ➡ 白・黒 初期設定は、白。

 *サブのラベル ➡ なし・シンプル白・シンプル黒・飾り白・飾り黒

           ダイヤ・紙 初期設定は、なし。

 

 *背景 ➡ 【ファンタジー】

        黒・空・草原・悪魔城・湖・塔・海・地下の扉・魔法陣・

        地図・街・剣・クリスタル(見た目、3つ)

 

       【現代】

        校舎・廃校・病院・街並み・青空・大木・地形/現代

 

       【戦国】

        城下町・お城・地形/戦国・古地図

 

       【SF】

        コロニー・宇宙空間・宇宙地図・クリスタル(見た目、ひとつ)

 

 初期設定は、【ファンタジー】の黒になっています。

 これらは、素材をDLしたら・・【X】ボタンで切り替えて選んで下さい。

 

 *飾り ➡ なし・シンプル(額縁)・ツタ(額縁にツタが絡まってる感じ)・

       騎士・悪魔・ドラゴン・女神(騎士~は、像って感じ)

 

 *BGM ➡ 【Y】で視聴出来ます。【X】でカテゴリ変更

        自分のその作品に最も近いイメージのものを選びましょう。

 

 ここで一旦プレビューで見て、確認しましょう。

 

 良ければ、次へ・・・

 

「うーーーん・・」とうなったら、もう一度修正しましょうw

 

 

 

    f:id:kui-tona:20170624074109j:plain

 

 

 

 

 【R】ボタンを押して、次へ・・・

 

 

 

 今度は、スタッフロールという画面になります。

 

 *作者名 ➡ 8文字 ここは、ご自分のニックネームやハンドルネーム・・

            M i i 時の名前や、代表の名前を書きましょう。

 

 この下に、担当 - 名前となっていて・・

 5人分書ける場所があります。

 

 どちらも、8文字まで書けます。

 

 

 

 ・・・なお、私のように1人制作してる人は、

 ここの部分が無用の長物になってしまうので、

 どうせエンディングで流れる部分なのですから、

 

 プレイしてくれた人への、感謝の気持ちを書いたり・・

 

 次回作予告書いてもいいかも知れません。

 

 それは、あなたの活用次第です。

 

 

 これも、プレビューで確認が出来ますので、観ておきましょう。

 

 

 

 

 

 

   

    f:id:kui-tona:20170624074958j:plain

 

 

 

ゲーム情報について 

 

 こちらは、プレイヤーのみなさんが・・見て興味を持つかどうか?

 って部分になるので、説明文までしっかり書きましょうww

 

 タイトルは、設定したものが出ます。

 ニックネームは、1度でも通信した事が有れば、決めてるはずなので

 それが、表示されます。

 

 *ジャンル ➡ 4つまで選択可能です。

 

   【 ジャンル一覧 】(左右・左右の順)

 

 ファンタジー・SF・学園・現代・和風・アドベンチャー・パズル・ノベル

 探索・独自システム・恋愛・育成・謎解き・ホラー・ミステリー・王道・

 コミカル・シリアス・ハートフル・ダーク・子供向け・大人向け・男性向け・

 女性向け・短編・長編・簡単・難しい・コラボ・戦闘なし・ミニゲーム

 技術公開・動画NG・更新版

 

 

 なお、1つでもジャンルの設定をしておかないと・・・

 ネット上で、アップする事が出来ませんので、注意!

 

 *説明文 ➡ 最大42文字

 

 この説明文を読んで、プレイするかどうかを決める人も居るので、

 ちゃんと書いておきましょう。

 

 

 

 【R】ボタンで、次へ

 

 

 *一般公開 ➡ 可・不可 初期設定は可になっています。

         不可は、他の方と協力して作ってる場合に設定して

         使う場合くらいにしか、使いません。

 

 *データ改変 ➡ 可・不可 初期設定は、不可。

          これも、協力制作以外はこのままでOKです。

 

 というか、改変にしておくと・・勝手に改造されますよww

 

 

 今回は、このくらいしか説明する事がないんですけど・・

 

 ゲーム情報を設定しておかないと、ネット上にアップ出来ないし

 

 ひとり1スロットは無料で使えるので、アップしましょう♪

 (とか言って、コンテスト以外にアップしてない私が言えた義理ではないがw)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・こっからは、余談ですww

正直、どうでもイイ感じでしょうが、

暇なら、読んでってね(^▽^)ノ

 

 

 

 現在、なにかの合間にちょこちょこ書いてる物語があります。

 いつもだったら、がーーーって一度に書いてしまう事も多いのですが、

 今回は、ちまちま書いてますww

 

 これを、ゲームにしようと思ってて・・

 コンテストでの落選もうけ・・

 じっくり作ってみようって事にしたのです。

 

 

 まだ、キャラクターくらいと、物語が途中なんで

 何も出来てないとも言えますが、

 

 8月には、アップしたいなぁって思ってます。

 

 

 自分は、集中力が少ないようで・・

 1つ考えてる時に、他の物語も書きたくなるんですよ(;--)

 

 もっと集中しないとって思う時は、

 好きな曲をかけて、聞きながら考えると

 その物語に集中できるっていう、変なくせがありますww

 

 ・・癖だと思うけど・・ホントのとこはどうなんでしょうね?w

 

 

 今回のゲームは、探索ものを作りたいなぁって思ってて・・

 

 でも、やっぱり何かしら出るよね?って事で、

 バトル有りです。

 

 

 私の物語は、きっと大したことないんでw

 でも、楽しんでもらえるようにがんばります♪

 

 ・・自分も楽しみますがww

 

 

 という訳で、余談でしたw

 ありがとうございました。